FC2ブログ

プロフィール

banchan

Author:banchan
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


貢献してる??

おはようございます。

貢献してる??

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



73
貢献こそが成果をあげる鍵

貢献に焦点を合わせることが、仕事の内容、水準、影響において、あるいは上司、同僚、部下との関係において、さらには会議や報告など日常の業務において成果をあげる鍵である

あなたは貢献しているだろうか?

手元ばかりを見てませんか?

おはようございます。

手元ばかりを見てませんか?

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



72
自らの貢献を考える

成果をあげるためには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。組織の成果に大きな影響を与える貢献は何かを問う。こうして責任を中心に据える

手元ばかりをみてはダメですよ

集中するって重要!!

おはようございます。

集中するって重要!!

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



71
集中するほど多くの仕事ができる

時間と労力と資源を集中するほど、実際にやれる仕事の数と種類が多くなる。


体験的にわかるような気がします

時間を管理できているか?

おはようございます。

時間を管理できているか?

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳




70
まずは時間からスタートする

私の見るところでは、成果をあげる者は、仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。次に、時間を管理すべく、時間を奪おうとする非生産的な要求を退ける。そして最後に、得られた自由な時間をできるだけ大きくまとめる

時間がいちばん大切ですから

成果をあげる人とあげない人の差

おはようございます。

成果をあげる人とあげない人の差

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳
http://amzn.to/2ej93sA

68
成果をあげる人とあげない人の差

成果をあげる人とあげない人の差は、才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。

そうだと思う

おはようございます。

成果とは習慣

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



67
成果をあげることは習慣

成果をあげることは一つの習慣である。実践的な能力の積み重ねである。実践的な能力は、習得することができる。それは単純である。あきれるほどに単純である。7歳のことでも理解できる。

成果は習慣だったんだ

間違う人ほど・・

おはようございます。

間違う人ほど・・

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳




66
一度も間違わない人の欠点

優れた者ほど間違いは多い。それだけ新しいことを試みるからである。一度も間違いをしたことのない者をトップレベルの地位に就かせてはならない。間違いをしたことのない者は凡庸である。そのうえ、いかにして早く間違いを発見し、いかにしてそれを治すかを知らない

これもその通りです

部下の強みを活かす

おはようございます。

部下の強みを活かす

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



65
部下の強みを生かす責任

部下の弱みに目を向けることは、間違っているばかりか無責任である。上司たる者は、組織に対して、部下一人ひとりの強みを可能なかぎり生かす責任がある。そしてそれ以上に、部下に対して、彼らの強みを最大限に生かす責任がある。

そうなんですよね

リーダーに求められるものとは?

おはようございます。

リーダーに求められるものとは?

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



64
リーダーに求められるのは真摯さ

人のマネジメントにかかわる能力、たとえば議長役や面接の能力を学ぶことはできる。管理体制、昇進制度、報酬精度を通じて人材開発に有効な方策を講ずることもできる。だかそれだけでは十分ではない。スキルの向上や仕事の理解では補うことのできない根本的な資質が必要である
。真摯さである。

学べないところだよ

好かれることではない・・

おはようございます。

好かれることではない・・

ドラッカーの名言集 P.F.ドラッカー著 上田 惇生編訳



63
リーダーを信頼するということ

信頼するということは、リーダーを好きになることではない。常に同意できることでもない。リーダーの言うことが真意であると確信を持てることである。それは、真摯さという誠に古くさいものに対する確信である

そりゃ、好きになることではないわな

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»