プロフィール

banchan

Author:banchan
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にとっての課題

おはようございます。

自分にとっての課題



P149
これからの苦労は、部下の人数分だけしよう

自分にとっての課題ですね!!
スポンサーサイト

私自身は大丈夫だろうか??

おはようございます。

私自身は大丈夫だろうか??



P145
私が立て直しを請け負う時などは決算書や財務諸表を何日もにらんで傾き度合いやその原因を分析します。赤字がかさむのは、”赤字のシステム”としか言えないような仕組みが社内に組み込まれてしまっているケースがほとんどです。その原因は大まかに分けて次の5つ。
1間違った予測に基づく戦略ミス
2収益性の管理が下手
3仕事を徹底的にやり込んでいない
4製品の競争力がなくなっているのに気づかない
5社長が遊びなどに夢中で顧みない

あなたの会社とあなた自身は大丈夫か??

その言葉の熱意だけで信じていいのだろうか?

おはようございます。

その言葉の熱意だけで信じていいのだろうか?



P141
ところが往々にして「やる気があるから大丈夫だろう」と、熱血漢タイプのA君を選んでしまうケースが少なくありません。本人も話を聞かされるほうも、ひたすら自分の思いを語ることが熱意だと誤解していることが多いからです。ビジネスにおいては、口先だけの熱意では意味がありません

人を選ぶ時には、このところを注意する必要があるよね

強くなるために必要なのは・・志

おはようございます。

強くなるために必要なのは・・志



P139
有森にしろ、高橋にしろ、この2人は”給料はいりませんから”くらいの勢いで私の門をたたいた選手なんです。そのときは2人とも才能や実績などなかったけど、やる気はあった。大体、勧誘した子は強くならないんだよ。逆に一銭もかけなかった選手が強くなっている。要は”志”なんだよな

これだよね〜、本当にここは感じるところ

チームとして、機能させるためには?

おはようございます。

チームとして、機能させるためには?



P135
ゴールがあれば、ゴールにたどりつくための戦略が生まれます。そして個人個人がゴールに至る最良の選択を現場で成し遂げようと意識します。効率的に儲けたいのなら、目標設定を示し、明確なビジョンを伝え、全社員がそれを共有することが大切です

チームとして機能させることが重要

手応えを感じることができるか? そして、それを活かすことができるか?

おはようございます。

手応えを感じることができるか?
そして、それを活かすことができるか?



P115
ヒット商品が現れるとき、私は、大きな魚が餌に食らいついて浮きがピクンと動いた時のような感じがします。消費者の”食いつき感”といった手応えがあるからです。

こんな兆候を見逃す経営者は一生、大儲けできません。なぜなら”ビビって”コスト投入を見合わせがちんだからなのです。

この手応えを見つけられないと、そして見つけても、行動できないとね

噓も方便

おはようございます。

噓も方便



P111
ヨーロッパ人やアメリカ人は嘘も真も取り混ぜた、虚々実々の交渉が得意です

日本人ははっきり言って甘すぎる

経費削減・・・大切なものを見失ってない??

おはようございます。

経費削減・・・大切なものを見失ってない??



P101
「徹底的に費用対効果を考えて、1円でも多くの利益を出しなさい」という意味だったのです。ちまちまとストックを増やし、フローを押さえようとすると、ビジネスはダイナミズムを失って、尻すぼみになってしまうことを身を持って知っているからです

経費削減ばかりやっていると、実際のところは経費だけでなく、売上も削減されてしまうことが多い

あなたの組織は仲良しクラブ?

おはようございます。

あなたの組織は仲良しクラブ?



P99
会社と、何の利害関係もない仲良しクラブの違いは、会話を聞いていればわかります。学生たちの仲良しクラブの会話の中には、ほとんど数字が入ってきません。しかし、一流のビジネスパーソンたちの会話にはバンバン数字が入ってきます

あなたの組織は仲良しクラブ。それともビジネスパーソンの集まりか?

こういう人間は絶対にいるよね!!

おはようございます。

こういう人間は絶対にいるよね!!



P85
自分の悪行を告発しそうな部下のことを「あいつは言い訳や文句ばかり言うので信用ならない」と社長に吹き込んで、あらかじめ予防線を張っておくといった手間を惜しみません

こういう輩が必ずどこの会社にもいる。で、それにだまされる社長もいる

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。