FC2ブログ

プロフィール

banchan

Author:banchan
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


クチコミを作る

おはようございます

クチコミを作る




P29
ブレンドテックの成功例は、伝染力のあるコンテンツに関する一つの要点を示している。それは、バイラル性は”もともとの性質”ではなく、”作れる”という点だ

クチコミを作り出せ


広がるものは広がる

おはようございます

広がるものは広がる




P24
伝達しやすいコンテンツはこれに似ている。それ自体にバイラルな性質があり、話題にするのが誰であれ、広まっていくのだ。つまり、メッセンジャー自身に説得力があろうとなかろうと、そして、その友人の数が10人であろうと一万人であろうと、関係ないのだ。

結局は広がるものは広がるのか??

クチコミって・・・

こんにちは

クチコミって・・・




P56
奇抜なものは、それを話題にした人をより非凡な感じに見せるため、ソーシャル・カレンシーを生み出す。パーティーの盛り上げ役になるのが好きな人はいても、もり下げ役になりたがる人などいない。誰だって好かれたいのだ

クチコミとかって、意外と単純かも??

今日はちょっと長いけど重要

おはようございます

今日はちょっと長いけど重要




P49
自己顕示欲のせいばかりではない。実は私たちはそれが快いと感じるようにできているのだ。
「自己開示」は特に満足度の高い行為であると指摘する。被験者に自分自身の意見や気持ち(「私はスノーボードが好きだ」など)と、第三者の意見や気持ち(「彼は子犬が好きだ」など)について語らせ、その時の脳内の様子を調べる実験を行った。すると、食事やカネで満足感を得たときに反応する脳の領域が、自分語りによって同じように活性化することがわかった。
つまり、今週末に自分がしたことについて語ると、おいしいダブルチョコレートケーキを食べるのに匹敵するほどの満足感がえられるのだ

そうなんですね。

とにかく自分が大切

おはようございます

とにかく自分が大切




P48
誰かに話してしまったという人がほとんどではないか。結局のところ、秘密にすべきことほど、人は話してしまう傾向が強いのだ。その理由は、ソーシャル・カレンシーにある。
人は、自分の印象が良くなるものを他社と共有するのだ

やっぱり自分なんだよね

物語が重要

おはようございます

物語が重要




原則その6 物語
アイデアをどのような話に包み込むことができるだろうか?人々はただ情報を共有するのではなく、物語を伝える。

物語で語ることが一番

これがないとどうにもならない

おはようございます

これがないとどうにもならない




P37
原則その4 人の目に触れる
原則その5 実用的な価値

確かに、これがないとどうにもならない

感情を揺さぶれ

おはようございます

感情を揺さぶれ




原則その3 感情
人は気にかかったものを共有する。

やっぱり感情の動物だからだね

思いだすきっかけ

おはようございます

思いだすきっかけ




P36
原則その2 トリガー
どんな思いつきから、人は商品やアイデアについて語るのであろうか?トリガーとは、人々が関連するものを思い浮かべるきっかけとなる刺戟要素だ

この思い出すきっかけは結構重要。

知っていることに優越感

おはようございます

知っていることに優越感




クチコミを生む6つの原則

P35
原則その1 ソーシャル・カレンシー
取り上げる話題は、他社の目に映るその人の印象を左右する。これをソーシャル・カレンシーと言う。かっこいいもの、例えばiPhoneを粉々にできるミキサーを知っている人は、情報通の切れ者に見える。だから話題に取り上げてもらうためには、話し手がこうした好ましい印象を聞き手に与えられるようなメッセージを打ち出さなければならない。また、商品やアイデアの中に秘められた奇抜さを見つけ出すこと、人々をインサイダー気分にさせることも必要だ

相手が知っていると優越感に浸れるもの!!

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»