FC2ブログ

プロフィール

banchan

Author:banchan
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。

今日もドラッカーの本より

実践する経営者/ピーター・ドラッカー

本文より
正しい問いは、「彼らは何をしたいか、彼らの目的は何か、
彼らの価値は何か、彼らのスタイルは何か」でなければならない。

どうしても、自分中心に考えてしまいがち。

良い製品を作れば売れるとか、

良いサービスであれば売れるとか。

でも、実際はそうではない。


お客さんが何をしたいのか?

お客さんが何を求めいるのか?

お客さんが価値を感じるものは何か?

つねにお客さんの目線で感じることが

大切なんだ。
スポンサーサイト

自ら外へ出ろ、現場に足を運べ

こんにちは。

今日もドラッカーの本より

実践する経営者/ピーター・ドラッカー

本文より
「それらの変化についていくための唯一の方法は、自ら外に出て変化を探すことである」



ドックイヤーから、さらに短くなりそうな世の中。

モーレツなスピードで変化しています。

だから、そのスピードについていかないと

会社の経営が成り立たなくなってくる。


そこで大切なのは、外に出ることだ。

うちの中でテレビのニュースを見ても何もわからない。

自ら外へ出て、自ら現場に足を運ぶ。


それしか変化を読み取る方法はないだろう。


こんにちは。

久しぶりの投稿です。

今回からは少し趣向を変えて、読んだ本から

参考になると思うところを抜粋しながらすすめていきます。

今回はこれです。ベタなところから。

実践する経営者/ピーター・ドラッカー

「イノベーションとは、顧客にとっての価値と満足の創造にほかならない」

さらに、この文章のあとには次のような文章が続く。

「したがってイノベーションに優れた会社は、イノベーションを科学的・技術的な重要度によってではなく、市場や顧客に対する貢献度によって評価する」


私たちは、イノベーションと聞くとどうしても技術的、科学的に新しいものを頭に描いてしまう。

しかし、イノベーションとは本来自分ではなく、顧客に貢献して、顧客が満足するものでなければならないのだ。

新しいものを創るということよりも、どうすれば顧客に貢献できるものを創ることができるのか?それを考える必

要があるということだろう。


どうでしょう??

何かお役に立ちそうですかね??

それでは、また次回!!


実践する経営者/ピーター・ドラッカー


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。